2014年02月28日

桐島洋子さんを囲んで、カナミッラの立食パーティー

%E6%A1%90%E5%B3%B6%E3%81%95%E3%82%93%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC.jpg


昨日はハンサム・ウーマン桐島洋子さんをメインに立食パーティーをしました。
三人のお子さんを産んだころの一生懸命な人生、そして人生で感じたいろいろな出会いをお話しいただきました。
やはりご本人の口から聞くと臨場感があって、思わず笑ったり、ドキドキしたり。

そして岡野シェフの前菜からメインの仔豚の丸焼きまで、舌鼓を打ち、参加者同士のおしゃべりも満喫。
個室には、桐島さんの本を買いたい人が並んで、サインをしていただき直接お話しして、記念撮影です。

最後には、全員に、7月のお誕生日パーティーへのご招待。
桐島さんは、本当に人が大好きな方です。

もっとお話ししたい方は、ご自宅で開催している森羅塾へどうぞ。

2014年02月14日

食のイタリア塾 バレンタイン前日

%EF%BC%92%E6%9C%88%EF%BC%91%EF%BC%93%E6%97%A5.jpg
毎月第二木・金曜日に行われる「食のイタリア塾」
夕べは、外の寒さを忘れて、暖炉のある個室で、いつものように楽しい時を過ごしました。
バレンタインデー前日とあって、最後にシェフから小さなプレゼントが。
それを手に持っての記念写真になりました。

2014年02月11日

尾崎牛の尾崎さんを囲む会

%E5%B0%BE%E5%B4%8E%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%A8.jpg
「生産者とリストランテが協力するから、良い料理になってお客さんの前にならぶんです」
「食べられるために生まれてきたので、誠意を尽くして牛を扱います」
「良い水を求めて、3回引っ越しました」
まだまだ熱い言葉が続きます。
言葉の主は、知る人ぞ知る尾崎牛を作った宮崎の尾崎宗春さんです。
昨夜は、その尾崎さんを囲んで尾崎牛を堪能する会でした。
カルパッチョに各種胃を使ったパスタ、タリア―タなど、一口に牛肉といえども部位によってこんなに味が違うというのも、誰もが感じた新鮮な驚き。
パック詰めされた食材ではく、生産者さんの熱い言葉と共に届けられた食材は、それだけで重さが違うもの。
これからもカナミッラでは、こんな機会を作って行こうと思います。

2014年01月18日

バレンタインデー 若き恋人たちのために

IMG_9729.jpg

岡野シェフが若い恋人たちに贈る「デュエットコース」のお知らせです。

就任2年目の岡野シェフの抱負です。「自分の料理を、若い方たちに味わっていただきたいんです」
そう言えば、カナミッラは以前Softbankのコマーシャルで、女の子がデートで行きたい店として使われたことがありましたっけ。

そこで、バレンタインデー前後、岡野シェフが若き恋人たちに向けて、コースメニューを組みました。
コースメニューの名前は「デュエット」
カナミッラの空間で、素敵なデートを。

ご予算:お二人で、10.000円(料理とグラスワイン・税・サービス料込)
期間:2月5日(水)~17日(月)
☆前日までにご予約下さい。
☆日によって、お受けできない場合もあります。
☆ご予約の際は「デユエットコース」とお申し付けください。

2014年01月02日

新年おめでとうございます

%E7%AC%91%E9%96%80.jpg
カナミッラのエントランスには、毎年伊勢神宮のお飾り「笑門」が飾られています。
「お食事をして元気を回復している」という意味の「リストランテ」には、ピッタリのお飾りです。
どうぞ、笑顔の門をくぐって、カナミッラにおいで下さい。
新年は4日からの営業です。
今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

2013年12月30日

ご自宅のお宝ワインをカナミッラで

_DSC3802.jpg

お家で眠る高級ワイン。でもそれに合わせるお料理を作るのは大変だとおっしゃる方、
カナミッラにお持ちになって、岡野シェフのお料理と楽しんでみませんか。
Gioiaジョイアコース¥6500を基に、お料理を組みます。

期間:1月4日から20日まで
内容:お二人で1本、持ち込み料なしでお受けいたします。

ご予約の際、ワイン名とその特徴をお知らせください。

2013年12月28日

一月は、イノシシ料理!!!

650.jpg

中部イタリア、ウンブリアを旅していた時に、こんなディスプレイのお店に出会いました。
中には生ハムやらサラミがぎっしりと並べられて、それはそれは壮観でした。

さて、1月は生ハムになる前のイノシシが素材に登場します。

猟師さんがしとめたイノシシを一頭買いして、肩肉、ロース、ヒレ、腿・・・・部位ごとに、岡野シェフが情熱をこめて作る皿の数々。

それだけでは終わりません。カナミッラのカンティーナで熟成させていた高級ワインの、グラスコースもご用意します。

寒い冬が、暖かい冬に変わりますよ。
内容は、すぐにまたアップします。乞うご期待!!!

2013年12月22日

これが評判の「豚すね肉の煮込み」

okn%20020.jpg
このところ、大好評なのがこの「豚すね肉の煮込み」
厨房にドンと置かれた豚のすね肉を、ゆっくりゆ~っくりと煮込んで、骨から外し、型に入れるとかたまります。それを四角く切ってお出ししているので、このように絵画のような一皿になりました。

このお料理を召し上がった翌日には、お肌がピカピカになっているそうです。

そう肉を固めているのが、コラーゲンだからとか。

2013年12月16日

Sagra 麗人野菜料理コース 「リッボリータ」

%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%9C%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%80%80%E7%B8%A6.jpg

Sagra麗人野菜料理コースの今月のテーマ野菜は「カーヴォロネーロ」
トスカーナ料理には欠くことのできない郷土野菜です。
それを使って作るのはこれしかありません。「リッボリータ」
「再び煮た」という名前のこの料理は、商業が盛んで旅人たちが行き交うトスカーナの宿屋の定番でした。
おなかをすかせた旅人は、とても長い時間、料理が出てくるのを待つ余裕はありません。そこで豆と野菜とで作ったミネストローネの中に、かたくなったパンを入れてボリュームをまして食べる。しかもこの料理は、冷めても、煮かえせば煮かえすほど美味しくなる(ここからリッボリータ=再び煮るという名前がつきました)というので、便利この上ない!・・・ということで、トスカーナの代表料理になったのです。

欠かせないのが「カーヴォロネーロ」、これがなければ、リッボリータを呼ぶことはできないほど、大切な野菜です。

山形県・かほく野菜研究会からカーヴォロネーロは、送られてきます。

2013年12月09日

トスカーナの代表野菜 カーヴォロ・ネーロ

IMG_9568.jpg
山形県かほくイタリア野菜研究会と提携しているメニュー「Sagra麗人野菜料理コース」の今月の野菜は、カーヴォロ・ネーロ。こんな形をしていますが、キャベツの仲間です。
固くて、とてもサラダにはできませんが、煮込むとっても美味しいのです。

トスカーナの代表料理「リッボリータ」で使っています。

2014年02月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28